二重埋没4点

上眼瞼の皮膚側に、片側2箇所ずつ特殊な糸で固定したのち結び目を皮膚内に埋め込み二重まぶたをつくる手術方法です。

全切開

埋没法では難しいラインをご希望の場合や、上眼瞼の脂肪が多い場合、上眼瞼の皮膚のたるみがある場合に適応となります。二重のラインとなる部分で皮膚を切開し、状況に応じて余分な脂肪や皮膚を除去します。すっきりとした印象の二重を作ることが出来ます。

眼瞼下垂

上眼瞼の皮膚のたるみや、目を開ける筋肉の働きが弱くなることにより、目を開きにくくなる状態を眼瞼下垂と呼びます。

目を開く際に、額の筋肉を使うため額にしわが生じたり、眉毛の位置が上がるなど、印象にも変化が現れます。また、頭痛や肩こりなどの症状も現れる場合があります。

瞼を開けるために必要な筋肉とつながっている膜を短縮させ、目を開きやすくする手術方法です。目が開きやすくなることで頭痛や肩こりなどの症状が改善され、さらに、印象も若々しくなります。

目頭切開

蒙古ヒダとは余剰皮膚のことでこの蒙古ヒダが目頭を覆うことで目を小さく見せていたり、目と目が離れて見える方の原因の一つとなっています。

頭切開では蒙古ヒダのつっぱりを解消し形成することで目元の印象を変える手術方法です。

目尻切開

目尻を切開し皮膚と結膜を縫合することにより、切れ長の大きい目にしたり目元の印象を変えます。

ハムラ法

目の下の皮膚をまつ毛の下で切除後、眼輪筋の下を剥離し眼窩脂肪を露出させます。余分な眼窩脂肪は患者様の症状に応じて切除もしくは目の下のくぼみの部分に移動させくぼみの改善に役立てます。その後、眼輪筋を外側に引き上げ下まぶたの引き締めを行います。この時点で余分な皮膚がある場合は切除します。下まつげの生え際に合わせて切開するため傷跡はほとんど目立ちません。

裏ハムラ法

経結膜的眼窩脂肪移動術といい、目の下のクマやたるみを改善するために下まぶたの裏からアプローチを行い、目の下の脂肪を取り除く手術方法です。

裏ハムラ法は、ハムラ法と異なり、表側の皮膚を切開せず結膜を切開し眼窩脂肪を取り除きます。傷が表側から見えないのがメリットです。更なる若返りを目指す方は、目の下にPRPや歯髄幹細上清液、ヒアルロン酸などの注入がおすすめです。